[Vista] ServicePack1インストールでスリープに不具合!?

WindowsVistaのServicePack1(SP1)がリリースされていたので、先日インストール
そしたらスリープからの復帰時に不具合発生・・・

復帰するときにPCの電源は入るのですが
画面が真っ暗で何も反応しません
(電源を強制的に落として起動し直すしかない・・・)

っで、ネットでいろりろ調べていたのですが
Vistaのスリープ不具合って結構発生してるみたい?

解決策がいくつか書かれていたので試してはみたものの
いっこうに解決せず・・・

Vistaのスリープからの復帰って
マイクロソフトが『速い』とうたっているだけあって
そこそこ満足していた機能なので
これがなくなると悲しい(--;

っで、さらに調べていたら以下のページを発見
Windows Vista Service Pack 1 Release Candidate (RC) リリース ノート

そしたらここに

複数のモニタを使用しているコンピュータで、スリープ状態から復帰した後に表示モードを変更すると、画面が真っ暗になる場合があります。
・・・(中略)
この問題を回避するには、マルチモニタの使用をやめるか、スリープ状態または表示モードの変更を行わないようにします。


自分はマルチモニタにして使ってるから、これが原因!?
でもRC版のリリースノートだし、正式リリースでは解決してるのでは?
っと思いつつ、
この後もいろいろ調べたけど、根本的な解決策が見つからず・・・
結局、SP1をアンインストールしてみたらスリープ機能は正常に動作しだした。。。

なんか納得いかないので、記事にしてみました
リンク
プロフィール

らいちょん

専業目指す株式トレーダー

2004年05月 株式投資開始
2006年02月 デイトレ開始
2007年02月 信用取引開始
2008年04月 自動売買構築に着手
2010年11月 外貨建てMMF開始
2011年05月 自動売買導入
2015年12月 IPO投資開始

検索フォーム
RSSリンク
QRコード
QR