監視ツールをkabuステーションに

今までメインの監視ツールは、楽天証券のマーケットスピードをずっと使ってきました。

特にザラバ情報5が気に入っていて。

それについて書いた記事がこちら

板(気配)と歩み値をコンパクトに表示できるところが気に入っていたのですが、最近は気配本数が20本になるなどして、だんだんと表示領域が拡大していました。

そこで代替えのツールを前々から探していたのですが、今回、カブドットコム証券のkabuステーションを導入してみました。

kabuステーション監視画面

「個別銘柄・板」と「個別銘柄・T&S」を並べて表示しています。

欲を言えば、
・色がマケスピの方が見やすかった(慣れ!?)
・成行注文の気配が確認できない
・高値と安値が確認できない
・表示数に限りがある(各25画面!?)

などありますが、とりあえず当分使ってみようと思います。

相場全体の動きを把握するための指数や先物については、従来のままマケスピで監視しています。

それについての記事はこちら


監視ツールを変更するのって、結構な労力で敬遠しがちですが、たまにはいろいろなツールを開いてみて、新たな発見をすることも必要な気がしました。

COMMENT

No title

たけまるさん、コメントありがとうございます。
ツールの変更って皆さんやっぱり躊躇するんですね。
慣れてる画面が変わるのって違和感ありますもんね。
あと、理想とするツールがなかなか見つかりませんし。

kabuステーションですが以下のページに機能一覧のようなものが載っています。
http://kabu.com/kabustation/kinou.html
目的の機能があるかどうかの参考にしてみて下さい。

今後もよろしくお願いします!

No title

初コメです
かなり前からブログを拝見させて頂いてます。
取引ツールの件、おっしゃるとおりですね
自分もマケスピをDLJディレクトSFG証券の頃から
愛用していて
時々ツール変えようとトライはしますけど
どうもしっくりきませんね
最終的にマケスピに落ち着いてしまいます(笑)
記事を読んで自分も久しぶりにカブステで立ち上げて
少しいじってみようと思いました。



EDIT COMMENT

非公開コメント

リンク
プロフィール

らいちょん

専業目指す株式トレーダー

2004年05月 株式投資開始
2006年02月 デイトレ開始
2007年02月 信用取引開始
2008年04月 自動売買構築に着手
2010年11月 外貨建てMMF開始
2011年05月 自動売買導入
2015年12月 IPO投資開始

検索フォーム
RSSリンク
QRコード
QR