ネット証券、手数料の今後

古い記事ですが、

曲がり角のネット証券、手数料値下げに限界

記事内より抜粋

 多くのネット証券では株取引システムを外部委託しており、約定だけでなく訂正・変更や取り消しも含めて、注文件数ごとにシステム使用料を支払う必要がある。取引所にも同様の基準で、アクセス料を注文件数ごとに支払っている。このためハイパーデイトレーダーのような取引が増えると、「約定金額を基準にした手数料だけでは、元が取れないケースがある」(クリック証券の兵頭経営企画部長)

 関係者の話を総合すると、もともとハイパーデイトレーダーを最も多く抱えていたのはジョインベストだった。しかし値上げ後は、SBIへ大量移動。SBIも手を焼いて値上げすると、今度は岡三オンラインやクリックに移っていった。手数料の安いネット証券を求めて、次々と取引先を変えていったのだ。

 SBIの顧客約6000人が岡三オンラインに流れたともいわれており、右肩上がりで拡大してきたSBIの足元のシェアは伸び悩んでいる。一方で、SBI証券の2009年4~6月期の連結営業利益率は30%台と、前年同期の27%台から改善。「いずれも値上げの影響だろう」と関係者は指摘する。顧客増を受けて岡三オンラインの売買代金は以前の3~4倍に増えたが、逆に赤字幅は拡大したようだ。

 1999年の全面自由化以後、ネット証券は株取引の手数料を次々と引き下げた。後発のジョインベストや岡三オンライン、クリックは、激安手数料を武器に新規参入。取引頻度の高い個人投資家を取り込んでボリュームを確保すれば、利益はついてくるともくろんだ。

 こうした投資コストの低下が、ハイパーデイトレーダーを生んだ。だが今や安すぎる手数料は、収益の圧迫要因となっている。 ~(中略)~ ネット証券の激安手数料戦略は限界を迎えている。



相次ぐ信用定額プランの手数料実質値上は、この記事に集約されてると思います。
個々の企業努力だけでは、従来のような信用定額手数料は今後も難しいのでしょう。
リンク
プロフィール

らいちょん

専業目指す株式トレーダー

2004年05月 株式投資開始
2006年02月 デイトレ開始
2007年02月 信用取引開始
2008年04月 自動売買構築に着手
2010年11月 外貨建てMMF開始
2011年05月 自動売買導入
2015年12月 IPO投資開始

検索フォーム
RSSリンク
QRコード
QR