年内受け渡しの最終売買日

NISA枠など税制上の株式最終売買日

約定日
2015/12/25(金)

受渡日
2015/12/30(水)


※ 外貨建てMMFは基本翌日受け渡しですが、通貨によって営業日がことなります。

[追記]
カブドットコム証券に限れば外貨MMFの最終売買日は以下に記載があります。
ただし、証券会社によって異なる場合があります。

カブコムのページより
保有している外国債券や外貨建MMFに含み益が出ています。平成27年(2015年)中に売却するにはいつまでに注文すればよいですか?

[追記2]
SBI証券のページより
税制変更にあたっての年末年始の外貨建MMFの買付・売却スケジュール(中段以降)

楽天証券のページより
年末年始のお取引、営業時間のご案内 - 外貨建てMMF

どこも、ドル円に関しては29日約定、30日受け渡し分までが年内取引となるようです。

SBI証券、NISA口座開設に2ヵ月要す

SBI証券で申請していたNISA口座が、ようやく開設されました。

住民票取得代行サービスを利用した場合、開設まで本当に2ヵ月必要でした。

以下、申し込みから開設までの流れ。

11/21 申込書を投函
11/26 住民票取得代行サービスの手続き開始のお知らせ
12/30 NISA口座開設申込完了のお知らせ(社内通過→税務署申請)
01/20 NISA口座開設完了のお知らせ


  

軽減税率10%、12月25日約定分まで

約定 12月25日 → 受渡 12月30日 10% (10.147%)

約定 12月26日 → 受渡 01月06日 20% (20.315%)

※カッコ内は復興特別所得税を含んだもの

参考資料:日本証券業協会のリーフレット(PDF)

10月は魔の月!?

先月の好調から一転、今月はまったくダメです(--;

相場の雰囲気もなんだか怪しい感じ。。。

10月は株式市場にとって「魔の月」みたいですから

・1987年 ブラックマンデー  10月19日
・1929年 ブラックサーズデー 10月24日
・2008年 リーマンショック  9~10月

これを言い訳に、注意して望みます(^^;

NISA、これで良いのか!?

ニュース記事より

動き出すNISA 非課税の恩恵逃さない基礎知識

課題山積の日本版ISA


個人的に、まったく興味をそそられないNISAですが、一つ注目点が、

金融庁、16年から公社債を日本版ISAの対象に 税制改正で要望へ=関係筋


これが可能になれば、預金よりMRFとかのほうがマシかなという感じ。
でも現状の金利からすると、節税になるのは良くて年間数百円!?(^^;

大証としての取引は7/12まで

SBI証券のHPより

2013年7月16日(火)に東京証券取引所と大阪証券取引所が統合されます。

2013年7月16日(火)より、東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場が統合されます。統合に伴い、大証上場銘柄の取引市場が東証に変更となります。

2014年1月、日本版ISAスタート

楽天証券HPより

日本版ISA(少額投資非課税制度)とは?


簡単にいうと、毎年100万までの投資額が非課税になる制度。
デイトレーダーにとっては、ほとんどメリットなし。
株初心者、投資信託、優待目的、少額投資家には節税になるので使うべきかも。
ただ特定口座と同じように、証券会社内で別途口座を作る必要があり、
その際に「住民票の写し(原本)」が必要とのことで、多少敷居が高い。


その他、問題点というか、使い勝手の悪そうな点を『Q&A』より抜粋。
利益が出た場合は節税になるけど、損が出た場合の自由度が・・・

Q、ISA口座内で損失が出た場合、他の口座(特定口座・一般口座)の損益と通算できるの?
A、ISA口座内の取引において生じた売買損益は、その他の口座で生じた売買損益との通算はできません

Q、特定口座や一般口座に既に保有している株式や投信をISA口座に入庫できるの?
A、できません
  ISA口座では、新たにお買付けになった上場株式や株式投資信託しか受け入れることができません。したがって、同一銘柄をISA口座で保有なさりたい場合は、一旦売却の上、再度、ISA口座内でお買付けをなさる必要があります。

Q、ISA口座で保有する上場株式等を特定口座や一般口座に移管することはできるの?
A、ISA口座で保有する上場株式等を特定口座または一般口座に移管することは可能です。
  なお、移管された上場株式等の取得日は移管日、取得価額は移管日の時価となります。

委託保証金の計算方法等の見直し

東証のHPにて、主な改正ポイントについて解説されています。

委託保証金の計算方法等の見直し


以下、抜粋

ポイント1 「返済約定した信用取引の保証金」を他の信用取引に利用できる!

ポイント2 「反対売買による確定益」を保証金計算に算入できる!

ポイント3 「信用取引の一部返済」「損金の差入れ」による追証解消方法を整備!



資金効率アップによる、売買増加を期待ですね。

信用取引でのループ売買が可能に

ループ売買という言葉が適切かどうかわかりませんが
同一保証金で、1日に何度でも信用取引の売買が可能となるようです。


金融庁HPより

「金融商品取引法第百六十一条の二に規定する取引及びその保証金に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」に対するパブリックコメントの結果等について


上記だと何のことだか分からないと思いますが
岡三オンライン証券が詳しく説明しています。

委託保証金の計算方法等の見直しについて


ただし、来年1月より全ての証券会社が対応するかは分かりません。
各証券会社のシステム対応が間に合うかという問題もありますので。

復興特別所得税

タイトルの件、みなさんご存知ですか!?

今の証券優遇税制が2013年で終了すれば、2014年から

株式等の譲渡益税は、10%→20%になるのはご存知の方も多いと思いますが

実は2013年度からタイトルの税率も課せられます。

つまり、2014年度以降は20.315%となるわけです。


<参考サイト> SBI証券ホームページより

g_home_jyoutoeki_120302_01a.gif


個人投資家としては利益の1/5以上を持ってかれるわけで

かなり厳しい投資環境となります・・・。

復興特別所得税は理解できるとしても、

証券優遇税制の再延長、いや恒久化を期待するほかありません。


※記事投稿時点での情報で、今後変更になる可能性があります。

権利処理手数料(名義書換料)

タイトルの諸経費を皆さんご存知でしょうか?
信用取引で権利付き最終売買日に持ち越すと発生するものです。
建玉の単価や単元株数によっては予期せず高額となることがあるので注意が必要です。

以下、SBI証券のサイトより抜粋。

お客様の建玉状況によっては高額な諸経費が計上される場合がございますので、ご留意ください。
例) 権利処理手数料(名義書換料)
1単元(1売買単位)が100株の銘柄を100,000株の買建玉を保有して権利を跨いだ場合⇒権利処理手数料52,500円
※建玉金額に関らず、原則、1売買単位あたり50円(税込52.5円)必要となります。
上記、諸費用として権利処理手数料(名義書換料)が加算され、追加保証金(追証)の発生や建玉を決済した際に、不足金が発生する場合がございますのでご注意ください。

FX取引の規制変更

別に新しい情報ではありませんが、ご参考までに。

参考URL:http://www.ffaj.or.jp/regulation/

平成17年7月にFX取扱業者が登録制になって以来、FX取引は日本の一般投資者の中で大きな広がりを見せてきましたが、投資者がより安心して取引できる環境を築くため、この度金融庁により規制の見直しが進められ、次のような規制の変更が行われることとなりました。

1.顧客から預かった証拠金は、全て金銭信託することが義務付けられます。
 現行では、顧客から預かった証拠金の管理方法として、銀行の預金口座への管理、カバー取引先への差し入れ等が認められていますが、平成22年2月1日より(※1)、全額を信託銀行等に金銭信託しなければなりません。

2.ロスカット・ルールを整備し、遵守することが義務付けられます。
 現行でも、多くの業者がロスカット・ルールを設けておりますが、平成22年2月1日より(※2)、全ての業者に対して、ロスカット・ルールの整備し、遵守することが義務付けられました。業者は顧客との間で取り決めたロスカット・ルールに則って適切にロスカット取引を行わなければならず、そのための管理体制が必要となります。

3.取引の際、顧客から一定の証拠金を預かることが義務付けられます。
 現行、取引金額に対して預かる証拠金の額には決まりはありませんが、平成22年8月1日より2%以上、翌平成23年8月1日には4%以上の証拠金を預かることが義務付けられます。

※1.及び2.は、平成21年8月1日以降に新規にFX業務を開始する業者については、業務開始時点から義務付けられます。

フル板(FLEX Full)の利点など

arrowheadが導入されたことによって、
個人へもフル板が提供されるようになりました。

現時点で提供しているネット証券としては、
マネックス証券楽天証券などがあります。
料金や無料条件ではマネックスのほうが有利なようです。

そのフル板で出来る事のまとめ

・全部の板が確認できる
・寄り前は、寄せてない各値段への注文数量が確認できる
・注文件数を確認できる
・引け指定の注文数量が確認できる

今のとこ知ってるのはこれくらい。他にあれば追記します。
自分は使用するか様子見中で、必要性を精査しているとこです。

arrowheadの詳細

東証のHPにアップされてます
arrowheadスクエア

下のほうにある板の動き、恐ろしいですね・・・
とても目で追える速さではありません(--;
リンク
プロフィール

らいちょん

専業目指す株式トレーダー

2004年05月 株式投資開始
2006年02月 デイトレ開始
2007年02月 信用取引開始
2008年04月 自動売買構築に着手
2010年11月 外貨建てMMF開始
2011年05月 自動売買導入
2015年12月 IPO投資開始

検索フォーム
RSSリンク
QRコード
QR